ダイエットで短所を長所に変え弱点を克服

ついついケーキをたべてします、テレビをみてるとスナックがたべたくなる、だれでも少なくても一つぐらいは悪習というものを持っています。
ある人たちはそんな悪習を断ち切るため、自分の弱点を克服しようと大好きなものを捨て去ります。
チョコレートをやめる、ファーストフードをやめる、テレビの前に座らないようにする・・・。
しかし、多くの人にとって大好物のもの捨てることは最もダイエットの失敗スピードをはやめます。
そこで我々がどのように毎日あなたがほしいと思う食べ物とつきあっていくかをお教えしましょう。

 

 

1.「お肉大好きな方へ」

 

あなたがこれまで育つ過程で食べてきた食品を食べながら、ダイエットを成功させるキーポイントはどれだけその食品のカロリーをおさえるかです。
まず、お肉を食べるならもも肉、サーロインなどにし、リブやフィレは避けましょう。
バリエーションを増やすために、豚肉のテンダーロインやマグロのステーキなんかも代替品としていいですね。
一番いいのは有名な鶏ささみですね。
ボディービルダーの方なんかがよく食べているのをテレビでみかけます。
ムリして我慢するよりは、代替品を見つけたほうが精神的にいいですよ。

 

 

2.「ファーストフードファンの方へ」

 

ドライブスルーの食品はとてもはやくてうまい!で、とてもおいしく素晴らしい。
しかし、ファットなしでファーストを手に入れる方法があります。
いまや多くのファーストフードレストランがチキンサンドイッチやサラダバーを提供しています。
積極的にそういうものを利用しましょう。
もしフライドチキンがどうしても食べたいなら、衣をとって食べましょう。
風味ぐらいは残っているはずなので、我慢してください。
結局、ファーストフードより身近なスーパーに売っているものの方がいいかもしれません。
最近スーパーやコンビニエンスストアではダイエット用のローファット健康食品が並んでいます。
作るのも簡単ですしね。オススメです。

 

 

3.「ジャンクフードジャンキーの方へ」

 

体重を減らすトリックのひとつは、スナックなどのジャンクフードを食べないことです。
ちょっとした工夫として、今まで購入していたものより小さいスナック袋にするとか、スナックをやめてシリアルなんかを食べてみてはどうでしょうか?
また、どうしても食べたくなったときはお友達を誘ってと一緒にジャンクフードを食べるのもお勧めです。それだけで量が半分に減りますので。
くれぐれもテレビの前では食べないように・・・。

 

 

4.「デザート中毒者の方へ」

 

あなたがもし正しい選択ができる方なら、ほとんどカロリーをとらずにあなたの舌を甘い物で満足させることができます。
多くのフルーツや野菜は甘いものが多いです。それらの甘いローカロリーのお宝たちを有効活用しましょう。
マンゴーやバナナなどのジューシーなフルーツはボリュームもあり、クリーミーです。
また、ブドウやいちごはスナックとして凍らせれば、口の中で長持ちしますし、とっても甘くなります。
ヨーグルトやジャム、ライトチーズはシナモンやバニラで少し味付けすると、食事の際の一瞬のやすらぎになります。
もしどうしても代替品で我慢できず、チョコレートやチーズケーキ、アイスクリームなどが食べたくなる場合は、100〜200キロカロリーの範囲で食べるようにすることです。

 

 

5.「お持ち帰りの女王」

 

いざテイクアウトとなると、いつものダイエット用食事とは違うとんでもない食品をオーダーする方がいます。
気をつけて下さいね。もしあなたがピザを食べるとなれば、3,4ピースは軽く平らげてしまうでしょう。
しかし、ホームメイドサラダなんかをもし持ち帰れば、そんなに食べることはないはずです。
料理をテイクアウトする場合、単純に紙容器に入っているものは、お皿に移し変えてみましょう。
紙容器にはソース(カロリー)が残り、ダイエットに役立ちます。
そして食べるものを全て半分の大きさにしておきましょう。そうすることで、量を半分にできるだけでなく、食欲をそそるいろんな食べ物を食べることができ、気分的に満足します。
ダイエットのプチ極意:
レストランはできるだけはやくでましょう。
2回もレストランに入る人はいないでしょ?