もったいない精神の食事でダイエット失敗

もったいない精神の食事でダイエット失敗

日本人の心の奥に潜んでいるもったいない精神。

 

どんなものでもきっちり使い切る。

 

皿に盛られたご飯は全部食べきる。

 

かなり美しい心ですよね。

 

みなさんはどうでしょうか?

 

例えばランチを外で食べるとして、スパゲティセットを注文するとします。

 

すると最初にサラダ、そしてスパゲティ、最後にはコーヒーかティーがついてきます。

 

みなさん『もったいない精神』全開で全部たいらげちゃっていませんか?

 

これ、ダイエットのためにはダメなのです。

 

確かにもったいないです。

 

マナー違反です。

 

もう飢餓で苦しんでいる方には申し訳ないです。

 

が、しかし!!みなさんの目標はダイエットです。

 

あくまでもストイックにいきましょう。

 

ダイエット中は食事に関する『もったいない精神』は捨ててください。

 

ダイエットに食べ過ぎは禁物。

 

ごはん、特に外出先で食べるカロリーを無視した食事は、全てたいらげずに少し残しておくくらいがダイエットには丁度いいです。

 

是非今度からは『一口分残す習慣』をつけてください。

 

油っこい物ならなおさらです。

 

ちりも積もれば山となる。

 

コツコツがんばっていきましょう!!

 

 

1日30品目の壁

 

○○ダイエット法!激やせ○○食事法!

 

こんなかんじで日々新しいダイエット方法が生まれています。

 

こういうのは、だいたい同じ食品を食べ続けるというものが多いですよね。

 

 

でもこれ、栄養学的にはもちろん、片寄った食生活は体調を崩したり、深刻な病気になる可能性もあるので、絶対にいけません。

 

ダイエット生活に飽きてきた。

 

なんか日々のアクセントが欲しいという方は、取り入れてもOKだと思います。

 

もちろん理由は同じ食品ばかり食べるのはあまりカラダにいいことではないからです。

 

毎日同じもの食べていても痩せるかもしれないですけど、楽しくないですしね。

 

コンニャクばっかり食べられないですよ。

 

続けられますか?

 

ダイエットのアドバイスをする栄養士さんがTVなんかでよくおっしゃっていますよね。

 

「ダイエットは栄養を過不足無く摂ることが重要で、『1日30品目』はとりましょう。」

 

って・・・。

 

ですがなかなかこれが難しい。

 

ちゃんと意識して工夫しないと30品目ってホント難しいんですよ。

 

私の場合は、ちょっとした工夫として、『なにかとなにかを組み合わせる』ことをよくします。

 

例えばヨーグルトを食べるにしても、ヨーグルトの量を少し減らして変わりに果物を添えてみるとか、生野菜サラダやみそ汁に無理矢理いろんな野菜をいれるとか。

 

単純な考えですが、そんなこんなで30品目いくもんです。

 

みなさんもいろいろ工夫なさって1日30品目の壁をたたきわっちゃってください。